FC2ブログ

DIVE OR ALIVE ver4





【ネタバレ注意】JOY-POPSツアーWrecking Ball感想① 2018.5.13仙台dawin :: 2018/06/06(Wed)

JOY-POPSとしての復活もうれしいのにツアーですよ!
東北は今回は仙台(追加公演は行かないけど・・)と青森に行くことになりました。
しかし、ツアー開始直前に父の死・・・いや、暮れに倒れてから余命3か月と言われていたんだけどね。
父の状況によってはこの仙台公演も行けないのでは・・・?という懸念もありましたが、行くことができてよかった。父がそうさせてくれたのだろうと思いたい。感謝している。
チケットがほとんどの公演で軒並み完売となり、一部公演はオークションで数万円で出てるという・・・
凄いよな・・・
そしてツアーが始まってからは多くのすごい反応を何せネット社会ですから・・目につくわつくわでw
ウキウキしていて前夜ほとんど寝れなかったので体力の温存をネットカフェでしようと(実際はやらなければならない作業をしていたんだけど)、あらかじめ調べておいた会場近くのネットカフェにいるものの、お仲間様から物販の発売していると連絡があり、とりあえず先に買った方がいいのかな?と思い、それに仙台の街並みはまだわかってないところがあるので余裕を持とうと会場に向かいました。

会場を確認して入り口付近のボードや建物名などを撮影して物販へ。しかし、Tシャツは話にきいていたけどちょっと普段着るにはなぁ・・・ということで、とりあえず買わずに保留。本当に欲しかったらサイトから買うだろうし、売り切れてしまったら縁がなかったということで。
お仲間様と合流していろいろな話を聞かせていただき、、、開場前へ。
ひゃーーーー、すごいことになってる。整理番号ごとに列のブロックがあってそこに行く形でしたが、とにかくすごい人。私はハリーのライブを行くようになったのはここ10年ぐらいなのですが、あんなに人が多いの初めてみたー、もっと言えば、私が初めてスライダーズのライブに行った釧路公演の時よりも人が多かったんだけどー!
そりゃ、先行チケットの整理番号がかつてない数字になるんだわね。
少なくとも札幌公演なんかは普通に一般で買ってもそれなりにいい番号でいいポジションでこの10年は観ることができたんだけどねー、で、中に入り、だいたい真ん中ぐらいでしょうか。。。もちろんオールスタンディング。人も多いので熱気がすごい。やはり事前にドリンクもらうべきだったかw
携帯の電源を消して(そのあたりの考えは古い人なので・・ライブを観るときはマナーモードすらもせずに電源を切ります。)、お二人様が来るのを待つ・・・・定刻を少し過ぎたあたりでステージの横からきたー!!ひゃーーーーー、二人がいるーーーー!!ハリーは昨年11月の札幌公演以来、蘭丸は2015年の麗蘭としての札幌公演以来です!!
すぐに目頭が熱くなり、もう頭がお花畑~、なのでこまかいことが覚えてない・・昔は事細かく覚えていたんだけどなぁ。この感想も本来ならば少しでも記憶が残っているうちにすぐに書きたかったのですが、身内の馬のイベントの準備やら出資馬がダービーに出てくるとかで落ち着かなくて。
他の人の感想などを見ながらちょっとずつ思い出して書こうと思いつつも、今時ブログにわざわざ書く人なんていないよねw
なのでかなり断片的!トークの細かなことなんて覚えてないので雰囲気ぐらいな感想になると思う。
ギターがなんとかとかそういう細かなことは書けないので本当申し訳ない~
前書きだけで1300文字以上になってしまった・・・本編が薄っぺらくなりそうだ。

オープニングは「7thAve.Rock」。ハリーのソロライブとしても(昨年はジェームスとの共演で聴いた)とJOY-POPSがスポット活動していた80年代末期~90年代にもやっていたのかな?それでした。
個人的には夢遊病のオリジナルバージョンが好きなんだけど、これはこれでありかなと。私はスライダーズのファンになったのは92年の11月だったからねぇ。
続いて「安物ワイン」・・・このタイトルが好きでねぇ。ソロライブでも何回か聴いてはいるが、やはりお二人のギターが絡むとステキー!!いろいろな思い出がぁ。。。
すべてのセトリ一曲一曲については書けないので、以下印象に残っていたのだけ。
「カメレオン」や「Feel so down」のあたりなんてこれぞ王道スライダーズ路線というようなギターのうねりっぷりでした。
「道」だったかなー、これのイントロ的に、「これが噂の新曲か(・・?)」とカン違いしました。
あと雑誌Playerのインタビューでおっしゃていたとおり、音程を替えてやっている部分もある的なのも見受けられたなぁ。「すれちがい」とか。。。
「Midnight Sun」はまさかハリーのソロ曲をJOY-POPSとして聴けてるとは思ってもいなかった!!
ちょっと感動した!
中盤で新曲に関するトークがあり、まずはハリーが持ってきた、「新しい風」・・歌詞的にひょっとしたら被災者へのエールみたいな感じの歌詞なのかな?と個人的に思った。ジミーさんと回ったツアーの模様のDVDでは石巻市内を歩いてるハリーのシーンもあったでしょう。そういう風景とかも歌詞を書くときに思い出したのかなーって。(あくまで個人の憶測ですよ!)
そして蘭丸が持ってきた「デルタのスー」。これはトークでも話していましたが、初めから終わりまで二人のハモリです!!タイトルはドラクエに出てきそうな印象を受けましたがw(すいません!)
あの蘭丸のブルージーなギターの音色とともに奏でられるハーモニー最高でした!!
もちろんこの新曲2曲に関しては、かつてのスライダーズのライブの光景にあったように、みんな静かに真剣に聞き入ってたようです。
新曲が終わり、なんと「Sugar Sugar」・・・YouTubeなどで隠し撮り?の昔のライブ音源を聴いたことがありますが、時は過ぎて、今の蘭丸・・・二人に見合ったアレンジに変わってました!
そう思うと昔の蘭丸の声って可愛らしかったよなぁと・・・私もかつては蘭丸派だったしねぇ。それは後述する話題で詳しくやるとして、、
そして「Yooo!」これはライブとしてはスライダーズ時代も含めて聞いたことあったかなぁ?
この曲のイントロが流れるとウキウキしてくるの私だけかなぁ?
近年のハリーのライブでは「Angel Duster」のコーラスの部分や昨年のツアーでも「So Heavy」や「Back to Back」あたりで観客が歌ってましたが、ここも出だしの「Yooo~、踊れ~、Yooo~、とびのぉれ~」のあたりは皆様歌ってましたねー、そして「降っても晴れてもおーないわぁーきーん」のところではなんとハリーがコールアンドレスポンスを!!ひゃーーー、盛り上がりは半端でなかった!!
同様なコールアンドレスポンスは本編最後の「いいことないかな」でもありました~
「いいことないかなー、はーいはーいはーい」の部分ね。
「いいことないかな」の前に「Back to Back」!!キターーーーーーーーーーギャーーーーーー!!何せここでの見どころは蘭丸のあのリフでしょ~!!その頃にスライダーズを聴いていた観客も大勢いたのでしょうけど、かなり懐かしさもあったのでは。やってくれるわーーーー!ひゃっほい~

アンコールでは、もはや恒例の物販Tシャツで登場。蘭丸が赤にギタープリントのTシャツを着ていたのは覚えているんだけど、ハリーは何色のを着てたっけ?水色だっけ?
で、蘭丸が着ているTシャツを示しながら販促w 販促は確か麗蘭のときもやっていた気がする。(今、過去の札幌で観に行ったライブ感想の執筆をみたら、確かにやっていたようでしたw)
で、アンコール一曲目は「マスタベ」こと「マスターベーション」!!
おそらくこの曲は私にとつてスライダーズ時代の最後のライブだった1998年の北見公演以来約20年ぶりにライブとして聴いたかと。
このあたりが聴けるとほんとハリーと蘭丸が一緒にやってくれてありがとう、いいなぁ、うれしいわあいう気持ちになってくる。
そして続いては、なんとなんとなんと「天国列車」!!
これはスライダーズ時代含めても初めて聴くナンバー!!
蘭丸メインボーカルでは一番大好きな曲なんです。
色々な趣味や交流でネット活動をし始めたのは2001年ごろ。ハンドルネームというのを特に考えたことがなかったのですが、当時その頃は出会い系サイトが社会問題していた時、なので女性を連想させるハンドルネームはつけたくなかった・・・で、「天国列車」にしようと・・・今に至っております。このハンドルネームの活動ではスライダーズやハリーなど縁のないところでしたが、たまーに出会う方に「ひょっとしてスライダーズファンですか?」ときかれて、あ~馬の世界でもスライダーズを知ってる方がいたんだ!と感動したものです。
で、TwitterなどSNSが普及し始めた2010年ぐらいからはこのハンドルネームを見て、お知り合いになったスライダーズ、ハリーファンも多くいまして私自身はハリーのソロになってからはファンクラブには入ってなかったですし、それほどコアなファンではなかったのですが、熱意溢れるファンの方との交流を深めていくうちに・・今に至っております。ほんとこのハンドルネームにしてよかったと思ってます。
で、肝心の音は、今の状況に応じたアレンジになっていましたが、、、本音的にはやはりオリジナルな音源が好きなのは否めないのですが、もう演奏してくれたらそんなのどうでもいい!!聴けたことに意義があっただろうから。
そして次はアンコールラストとなった「ありったけのコイン」でした。いつも思うが、やはり大人なナンバーだー!!

トークは他の会場に行った方の情報などからおそらくテンプレがあったのでしょう。
まずは出会いとJOY-POPSとして今回ツアーをやることになったいきさつ・・・ハリーが誘ったようですね。
近年蘭丸のTwitterでハリーから電話があったとファンを煽るような発言が目立っていたのはそういうこともあったんでしょうね・・・
そして先ほども述べたように、新曲のいきさつ、最後は蘭丸の販促といったところでしょうか。
後は断片的にいろいろとお二人様がファンの呼びかけ・掛け声に対して反応していたと思うけど、忘れてしまいました~
仙台でハリー絡みでのライブを観るのはこれが2度目。盛岡に移り住んだこともあるんだけど、初めて仙台でハリーのライブを観たのは2016年のジミーさんとのツアーのときなんですが、その時も感じましたが、仙台のファンは本当に元気がいいんです。まぁ、道内のコンサートはハリーに関わらずおとなしい傾向にあるといわれているんですが。地域の特色なんだろうな。

私は次の青森公演までひとまずおやすみです。

執筆日付2018.6.5

スポンサーサイト
  1. 競馬以外
  2. | コメント:0
<<6月9日、10日 | top | 1歳馬の募集シーズンがはじまりますねぇ。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する